親の介護はもう目前!仕事と介護を両立させるために今からできること

父と息子

両親の介護はもう目の前に迫っている。

「妻殺害容疑で夫を逮捕、動機は介護疲れ」などというニュースは、もう最近では珍しくはない。
老人が老人を介護する老老介護は社会問題化しているけど、この手のニュースを見ると自分が親の介護に当たらなければいけなくなるのはもう時間の問題だ、としみじみと実感させられる。

まだ先のことだと思っていたけど、『年老いた両親の面倒はどうしたらいい?』と、最近ではついついそんなことが脳裏をよぎってしまう。
両親に介護が必要になってから考え始めるのでは、確実に遅すぎる問題だ。
そこで老後の生活費と介護に関することを少しばかり調べてみた。

仮に介護がまったく必要ない状態だとしても、65歳から90歳までの25年間、年老いた両親2人に必要な生活費は1億円とも言われている。
仮に父親がサラリーマンで年金未加入期間がなく満額支給されるとしても、夫婦の合計で受け取れる公的年金は、約6000万円から7000万円程らしい。
退職金や企業年金で2000万円ほど期待できるとしても、「1000万円から1500万円」は不足する計算になる。

この位の貯金が親にあれば何とかなりそうだけど、実際はどうもそんなに貯金できている様子はない。
2015年の調査でも、「60代世帯の貯蓄額は、5割が740万円以下、貯蓄ゼロは約3割」という結果が出ている。
ウチは高確率で約3割の家庭だろう。
大企業でさえリストラしまくる今のご時世では、高額な退職金も期待できないし、年金に対する不安だって拭いきれない。
介護が必要になれば更に金がかかる。
そうなれば必要になる金額も1500万円じゃ全然足りない計算だ。
最低でも毎月いくらかの仕送りは必要だし、それだけじゃ全然足りないことはすぐに想像できる。
学生時代にかけた負担を返したい思いはあっても、こっちも年収400万円程度で、2つの家庭を支え切れる経済力には自信がないのが現状だ。

両親が健康な状態でもトータルで1500万円ほど必要な事は分かった。
じゃあ、もし仮に介護が必要になったらどうなんだ?
死ぬ直前まで元気でピンピンしているなんてほぼあり得ないから、やっぱり両親の介護は避けては通れない。
厚生労働省のデータを見ても、
「要介護認定を受けた人の割合は、65歳から69歳では2.9%、80歳から84歳では約30%、85歳以上では約60%」となっている。
介護保険制度で幾ばくかの公的支援は得られるとはいっても、それだけ充分かどうかは大いに疑問だ。
それを裏付けるように、家族の介護を理由に離職する「介護離職者」は年間約10万人にも上っている。
8割は女性であるものの、30代・40代の男性でも2011年の段階ですでに累計で50万人に達しているという現実がある。
結婚できない・しない男性の増加や晩婚化の影響で、今後は男性の介護離職者が激増することが予測されている。
アベノミクスの『新3本の矢』に「介護離職ゼロ」が盛り込まれたようだけど、今のままではまったく現実味を感じることができない。

まさに他人事じゃあない、自分にとってもドンピシャの喫緊の問題だ。
じゃあ仮に、明日にでも父親が脳梗塞で倒れ、介護が必要な状態に陥ったらどうするか?
つきっきりでの介護が必要になると、父親の面倒は、独身の僕が見るしかない。
現在68歳の母親は、90歳を超えた祖父母の介護で手一杯だからだ。
そうなると会社も辞めざるを得ない。
ここまで育ててくれた親の老後の面倒を見るのは、子どもの責任でもあると思っている。
これまでに貯めたわずかな貯金を切り崩しながらの介護生活を想像してみよう。
わずかな貯金がすぐに底を突くのは時間の問題だ。
そのままの状況が続く限り、

「父親殺害の容疑で息子を逮捕、動機は介護離職での経済的な困窮」

なんてニュースになることも現実味を帯びてくる。
想像しただけでも人生の終わりを宣告されたような気分だ。

『介護のために仕事を辞めるか?』それとも『収入源を確保しておくために介護を放棄するか』

こんな残酷な二択を突きつけられたら、正直納得のいく答なんて出せるわけがない。
一番納得のいく選択肢があるとすれば、父親を介護施設に入れることだ。
ただ、今のままでは問題もある。介護施設に入れる為の資金だ。
結構な金が必要になりそうだが、仕事と介護を両立させるにはそれしか方法はない。
問題は『いくら必要で、その金をどうやって工面するかだな』
ここまで考えを巡らせたところで、その先のことをついつい後回しにしてしまっていた。





居酒屋の暖簾

そんなある日、会社の飲み会で、先輩と親の介護について話をする機会があった。
年齢は僕よりも7つ上で38歳、結婚してお子さんも2人いる。
3年前に一戸建ての新築もしている。
決して高収入が期待できる会社でないことは僕も身を以って知っている。
きっと毎月コツコツと貯金をしていたに違いない。
先輩のこの堅実な人生設計は僕にはとても真似できそうなものではない。
大差ないであろう給料で、一方は『妻子あり持ち家住まい』、もう一方は『独身アパート暮らし』だ。

その先輩の話の内容によると、父親を最近サ高住に入れたというのだ。
サ高住とは、『サービス付き高齢者向け住宅』の略で、軽度の要介護状態の高齢者を受け入れる賃貸住宅らしい。
入居の際には、初期費用として敷金・礼金が必要なほか、月額費用として30万円がかかるとのことだった。
介護職員による食事・掃除・洗濯のサポートのほか、看護師による入浴・食事・排泄などの介護もしてくれるというから、介護に悩まされる心配はj解消される。
でも問題は、初期費用と月額費用の捻出だ。

『住宅ローンもあるだろうに、そんなお金どこにあるんですか?』

と思いきって聞いてみた。

『実はココだけの話、副業しているんだ』

『え?そんなに儲かる副業って何しているんですか?』

『アフィリエイトだよ』

『アフィリエイト?』

『そう、インターネット上で商品を紹介して、売れたら報酬が入る。モノを売る物販だけじゃなくて、例えば結婚相談所の会員登録とかいろいろあるんだ。』

『それだけで月30万円も稼いでるんですか?』

『月によってバラつきはあるけど、30万円っていうのは最低ラインの目標だな』

驚いた。
コツコツ貯金していたと思っていた先輩が、実は副業のアフィリエイトで稼いでいたなんて・・・。



『もしかして、新築の家もそのアフィリエイトで稼いで建てたんですか?』

『まさか、でも頭金のほとんどはそうかな。』

『先輩ってそのアフィリエイトで、毎月いくら稼いでるんですか?』

『うーん、先月は100万近くいったかな。』

こともなげに言う先輩のその姿に、俄然興味が湧いてきた。

『ど素人の僕にもできますか?』

『できるよ。』

『じゃあ、教えてください!』

『本気でアフィリエイトしたいなら、俺に教わるよりいいところ紹介してやるよ。実は俺もそこの会員なんだ。』



副業なんてまったく考えたこともなかったし、アフィリエイトだなんてものも知らなかった。
パソコンも詳しくないし、ブログなんてものにもそもそも興味がない。
フェイスブックやツイッターなんて尚更だ。
スマホさえ持っていない。いまだにガラケーで通している。
こんなパソコン音痴、ネット音痴の僕が、果たして本当にネットビジネスで収入を得ることなんてできるんだろうか?

お金と通帳

先輩にそのアフィリエイト塾を紹介してもらって入会してから、今では1年が経過している。
ありとあらゆることに無知だった僕が、今ではアフィリエイトだけで月収30万円を手にしている。

このアフィリエイト塾のいいところはいろいろあるけど、僕みたいなまったくのネットビジネス初心者でも月収30万円稼げるようになったことだ。


AMC ロゴ
実はその塾っていうのが、【AMC】というアフィリエイト塾なんです。
「日本一分かりやすく楽しく稼ぐ」をモットーに、現役会員数は2,700名を超え、過去9年間の受講生は7,000名を超えているという実績があります。
もちろん受講生の数だけじゃなく、実際に稼いでいる人達の人数も金額も半端じゃありません。
「月収10万円超えが延べ260名以上」「月収30万円超えが延べ230名以上」「月収100万円超えが延べ40名以上」もいるというから、期待せずにはいられません。

AMCの実績

パソコンの操作に関するテキストから、サイトの作り方に関するテキストやサイト作成ツール、検索結果で上位に表示させるためのノウハウなど、まさに初心者でもゼロから取り組める内容が盛りだくさんとなっています。

テキストやツールも凄いんですが、他にも疑問があれば気軽に相談できるフォーラムやサポート、会員専用のSNS、メールサポート、スカイプサポートがあります。
稼いでいる人が、まだまだこれからの人にアドバイスをしてくれるという、本当に稼ぎやすい環境が整っているんです。
こういう桁違いに稼いでいる人達とは、実はネット上の繋がりだけでなく、セミナーや勉強会、懇親会などで直に繋がりを持つことができるのもAMCの大きな特徴です。

AMCで受けられるサービス

こんなに稼がせてくれる塾なんだから、受講料もさぞ高いんじゃないかと思いますが、そのハードルは意外にも低いんです。

年払いだと88,000円

毎月払いだと8,800円です。
しかも今なら、全てのノウハウ・ツール・サポートが1ヶ月分丸々無料で使えるキャンペーンを実施中です。

これならお試し感覚で入れるし、もし「性に合わないな」と思えば遠慮なく辞めることだってできます。
仕事を辞めることなく、親の介護費用を捻出したいのであれば、AMCでアフィリエイトをゼロから学ぶのは良い方法です。
なぜならAMCには、同じように昼間は会社勤めをしながら、副業としてアフィリエイトに取り組み、しっかりと結果を出している人達がたくさんいるからです。
中にはコンスタントに月収100万を稼いでいる方だっています。
月収30万円を達成すれば、以後の受講料が無料になるというシステムもあります。

ただし、入会しただけで稼げるようになるわけではありません。
何も分からない初心者が、ネットビジネスでサラリーマン以上の副収入を得られるようになるまでには、何度も何度もつまづいて失敗することだってあります。
そんな時でも諦めずに頑張れるかどうかが問題です。
幸いな事にAMCには、いろんなサポート体制が整っています。
何でも遠慮なく聞いてください。
きっと助けになるアドバイスを貰うことができます。

また、本人の取り組み次第で報酬額はいくらでも伸ばせる可能性があります。
ノウハウもツールも環境も整っています。

現状を打破したければ、まずは最初の一歩を踏み出しましょう。
月払い8,800円が、今なら初月無料になるキャンペーン中です。

>>>詳しくはこちら

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ